medical pills on the table

嘔吐は絶対に我慢

ピルには副作用があるが、それほど強いものではない。しかしアフターピルの中には強い副作用を持ったもの存在する。吐き気や頭痛といった副作用が多く、もしも嘔吐してしまうと避妊を失敗する恐れがある。なので嘔吐は絶対に我慢しよう。

Young woman relaxing on a sofa in the living room

Different types of drugs on the table

男性型脱毛症は遺伝?

多くの男性が悩まされているのが男性型脱毛症だろう。これはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが強く関係していると言われている。男性型脱毛症を治したいのであれば、まずはプロペシアを試していったほうがいいだろう。

Members defense components in medicine

性器が痒いなら

セックスは気持ちいいものだが、だからといって不特定多数の相手とセックスをしていると性病のリスクが増える。女性に多いのが性器カンジダだ。勿論男性も感染する。少しでも性器が痒いと感じたのであれば、カンジダの検査をしよう。

the blister packs stacked treatment

妊娠率が高いのは2日前

排卵日検査薬さえあれば、妊娠時期のコントロールもしやすいので、子育てをするための環境づくりを計画的に行うことが出来るようになる。排卵日検査薬はLH(黄体形成ホルモン)を尿から計ることで排卵日を予測する。排卵日検査薬は検査薬といっても飲み薬というわけではなく、紙状のものだ。これを尿に浸すことによってLHの濃度を確認する。
排卵日検査薬は次の生理予定日の17日前から使うのが最適だ。何故なら一般的に排卵日は生理の14日前と言われているからだ。なのでそれよりも数日前から排卵日検査薬を使えば無駄が少なくて済む。生理の17日前から毎日1回は排卵日検査薬で計る。しかし、朝と夜に1回ずつの計2回計ったほうが、より早く正確に排卵日を予測することが出来るだろう。
計る時間は8時から20時の間が望ましい。そして毎日同じ時間に計ることが重要だ。12時に計ったのであれば翌日以降も12時に計ったほうがいい。検査したときの状況が同じほうが違いの変化にも気付き易いからだ。LHの濃度が上昇し始めたら、24時間から48時間の内に排卵が始まる。なのでLHの陽性反応が出たその日にセックスをするといい。精子の寿命は約3日あるので、排卵されたら丁度精子と出会うことが出来る。これで受精の確率も上がるし、その分着床の確率も上がる。実際に排卵日当日にセックスをするよりも、排卵日の数日前にセックスをしたほうが妊娠率は高い。
排卵日検査薬を正しく使えば妊娠の助けに必ずなってくれる。少しでも参考になってくれていれば幸いだ。